美容整形で気になるところをちょっとだけ直してみませんか?

ほくろを除去する方法としては、炭酸ガスレーザーを使うことと、電気焼灼で除去する方法と、大きなほくろは部分を切除する方法があります。

ほくろの除去

ほくろ…このほくろにコンプレックスを持っている人が意外と多いものですが、他人が見ると魅力的に思えたり、かわいいと言われるようなほくろであっても、それは本人にとって悩みの元であることも充分にあります。

けれど、そういうほくろを美容整形で、除去し取り去ることが可能になります。
それは、まず炭酸ガスレーザーを使用して、ほくろを除去する方法で、この美容整形に使う炭酸ガスは、皮膚組織でもある水分に吸収されてしまうことで、熱エネルギーに変わる性質がありのです。
ですから、ほくろに炭酸ガスレーザーをあてることで、ほくろの組織が固まり壊死した状態になりますが、その状態になったほくろを簡単に取り去ることが可能です。
炭酸ガスレーザー使用の方法は、顔のほくろの除去にとても有効と言われています。

他の方法としては電気焼灼で除去する方法があります。
高周波の電気を利用して、ほくろの組織自体を破壊するもので、使用している高周波というのが、皮膚組織の水分を吸収しまい、その後に熱エネルギーとなり変化していきます。
電気焼灼も顔などのほくろを取るのに適した方法と言えます。

炭酸ガスレーザーと電気焼灼は顔のほくろにとても有効に使われます。
けれども、大きなほくろを除去することには向いていません。
それは手術の傷は、二次治療をされてしまうので、逆に目だってしまい上手くきれいになりません。
大きなほくろの場合は、局部の麻酔を使いそのほくろを切除する方法で手術をします。

この手術の注意点としては、傷跡があとで目立つことがないようにしますが、切除するほくろの大きさの3倍ほどにもなる面積を、切除しないとだめなのです。
そして、ほくろの除去をする施術は、その部分が腫れてしまい、また痛みもあります。
腫れや痛みが伴うために、その後の回復期間も考えた手術の日程を慎重に考えることが大事です。

参考サイト

Copyright 2017 美容整形で気になるところをちょっとだけ直してみませんか? All Rights Reserved.